2012年11月01日

理解度確認テストの合格点は何点以上でないといけないのか?

プライバシーマークの認証基準であるJIS Q 15001では、従業者に対する教育を求めています。

また、ガイドライン( http://privacymark.jp/reference/pdf/guideline_V2.0_120907.pdf#page=135 )では、受講者の理解度を確認することを求めています。

したがって、教育後、テストを実施することが一般的です。
(アンケートという方法もありますが、理解されたかどうかの判断が難しいところです。
明らかに、「理解しましたか?」という設問では、理解したことを確認できないでしょう。)

さて、この理解度テスト、何点以上を合格点とするか?
何点以下なら再試験とするか?

テストの作り方にもよりますが、私は合格点という考え方はナンセンスだと思います。

というのは、業務上理解しておいて欲しい事項は全て理解してもらわなければならず、テストが99点でも、間違った1点を放置していいことにはならないからです。

じゃぁ、100点でなかった人は全員、補講や追試が必要なのか?

そこまでの要求はありません。

例えば、テストを採点して、正解と一緒に本人に戻し、理解したらそのテストを返してもらう方法もあるでしょう。

あまりにもナメた解答だったら、採点して本人に返し、もう一度同じテストをやらせて、少しまともになったら正解と一緒に本人に戻し、理解したらそのテストを返してもらうという方法もあるでしょう。
(まじめに答えている人と同じ扱いでは不公平ですよね。)

もちろん、正解になるまで次に進めないい設計のe-learningも有効です。

上記のいずれの方法でも審査で問題になることはないはずです。

結局、必要なことを理解してもらうことが重要ということですかね。
posted by endo at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/59725416

この記事へのトラックバック