2015年08月31日

個人番号関係事務の委託先、士業である委託先は再評価は省くことができるそうです

「プライバシーマーク制度における番号法および特定個人情報ガイドラインへの対応について(よくある質問と回答)」がアップデートされました。
http://privacymark.jp/reference/pdf/guideline_kaisetsu_FAQ.pdf

3つほど新しい情報があります。

ひとつ興味を引くものがあります。

「特定個人情報の適正な取扱いに関するガイドライン(事業者編)」では個人番号関係事務又は個人番号利用事務の全部又は一部の委託をする委託先について「委託先の適切な選定」を求めていますが、この「質問と回答」によれば、士業であれば再評価は必須ではありませんとしています。
http://www.ppc.go.jp/files/pdf/261211guideline2.pdf

これは「士業」であることを基準に選んでいるので、それによって「適切な選定」をしているということでしょうか。

すると当然、契約についてはどうなんだろうという疑問が湧いてきます。きっと今頃たくさんそのような質問が上がっていると思うので、次のアップデートを待とうと思います。
posted by endo at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/162637310

この記事へのトラックバック